« 楽しかった~ | トップページ | アクシデント »

2007年4月 2日 (月)

うちには2匹の金魚がいます。
おっきいのと、ちっさいの。

そのちっさいのがずーーーーっと長いこと瀕死状態だったんです。
そこ横たわったままで、エサもまったく食べず、骨と皮(うろこ?)だけになり
全身が黒ずんで。
目玉を時々動かすのを目撃していなければ、埋葬してしまいそうな勢いでした。

息子とふたりで、「死ぬなよ。死んじゃだめなんだよ。ごはんをたべなさい。」
と励まし続けてたんですが、まったく回復の兆しがない。

毎朝、死んじゃったかな。死んでたら息子が悲しんじゃうな。
と水槽を覗くのが日課でした。



ところが、いままで交わることがなかった2匹だったんですが
おっきいのがちっさいのの存在に気づき、周りを泳いだりつついたりしてるんです。
最初は、そっとしといてやれよ~と思っていたんですけど
見てると、ちっさいのはつつかれた勢いで漂ったりしているうちに
体力がついたのか、気力が満ちてきたのか自力で泳ぐようになったんです。
骨だらけの黒ずんだ体で。


そんな状態が何ヶ月も続いていたのが、おっきいののリハビリのおかげで
今はごはんも食べられるようになり、からだもきれいな色が戻り太って
元気に泳いでるんです。

こんな日が来るとは思ってませんでした。
最近は息子と二人しょっちゅう水槽の前に座っては
よかったねー。ほんとうによかったねー。
と眺めてます。

金魚同士の友情なのか、愛情なのか
あきらかにおっきいののおかげでちっさいのは
今生きてます。


母子家庭なってから
情けはいらねぇよ。っぽい態度で
トゲだらけのよろいを着て
なめんじゃないわよ。油断するとケガするよ。

なーんつってだれかれかまわず戦ってる気分だったけど
このことを機会に、ちょっとほんわかしました。


気の利いたことばが見つからないけど
金魚2匹に教えられちゃいました。



ちっさいの
42_004





おっきいの
42_005

|

« 楽しかった~ | トップページ | アクシデント »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/316827/5952643

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 楽しかった~ | トップページ | アクシデント »